So-net無料ブログ作成

広告の苦情が増えたのは「過払い金返金請求」「スポーツクラブ」 [過払い金請求]

たまにスポーツクラブに行く。マシンやってその後、プールというのがお決まりのコース。

時間的には夜に仕事をしている事もあって、ほぼ昼間に行くことが多い。

この昼間の時間帯にいるのは基本的に暇を持て余してるシニアが中心だが、このシニアってのが全体的に癖が悪い。

特にプールにいる爺。

プール脇にあるベンチに座って若い女性が入ってくるのを待っていて、女性が入ってくると同じコースに行って、泳いでる女性の脚をつかんでみたり間違えたフリして触ってみたりやりたい放題。

一度は注意した男性に殴りかかって110番される始末。

女性からの苦情を何度も受けてる札付きの爺が複数人いるってのが笑える。

年寄り=いい人なんていう固定観念なんていうのは、どこか違う国の話か?と思えるほど傍若無人な爺さん、婆さんが多い。

年寄りに言わせると「今の若いもんは」なんて言い方をするけれど逆に「今の爺婆は」って方がとてもしっくりくる。

まぁ、いい年になって恥を恥とも思わなくなるってのが年取った証拠なんだろう(笑)



スポンサーリンク






広告の苦情が増えたのは「過払い金返金請求」「スポーツクラブ」

日本広告審査機構(JARO)は24日、2015年度上半期の広告審査に関する統計をまとめた。苦情や問い合わせなどの相談受付総件数は4033件(前年度比92.0%)。内訳は「苦情」が2977件(89.6%)、広告制作にあたっての「照会」は809件(95.4%)でいずれも減少した。

今年度からは、従来の「電話・FAX等」だけでなく、サイトから苦情を受け付ける「JAROオンラインご意見箱」を統計に加えており、「電話・FAX等」は2436件(同94.2%)、「オンライン」は1597件(同88.7%)寄せられた。

業種別の苦情件数を見ると1位は「通信」で508件(同66.5%)、2位が「小売業」で247件(同96.4%)、3位が「一般食品」で163件(同122%)。「通信」「一般食品」「化粧品・石鹸・洗剤等」は、前年同期に苦情が多かったテレビCMがあった反動で、減少が目立った。一方で、増加したのは「相談業務」「塾・教室・講座」で、過払い金返金請求のテレビ・ラジオCM、スポーツクラブのテレビCMへの苦情が増加した。

また苦情対象となった広告主にその見解を発信し、広告の適正化を促す取り組みについては、最も重い「警告」11件を含む17件(警告16件、要望1件、提言0件)を発信。2週にわたって広告に掲載したエアコンがおとり広告だった家電量販店(折込)、「運動なし!ガマンなし!飲むだけ!」とうたったサプリメント(ダイレクトメール)、まつ毛が増えるかのようにうたったまつ毛美容液(通販サイト)などが警告を受けた。



スポンサーリンク





nice!(17) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 17


スポンサーリンク