So-net無料ブログ作成
過払い金を翌月売上から相殺 処理 ブログトップ

過払い金を翌月売上から相殺 処理 [過払い金を翌月売上から相殺 処理]

新たなミッション。

2月10日付で異動となり、某事業所の業務改善に取り組んできました。

僕が着任した頃は、本当に酷い状態だったのですが、メンバーの気持ちを立て直すことから始め、そのメンバー達の努力の甲斐もあって徐々に業務は改善し、今では皆が前向きに物事を捉え、自信を持って仕事ができるところまで辿りつくことができました。

同時に業績も大幅に好転して4月からは日々相当な額の黒字を出すことができるようになっています。

この改善スピードは自分でも驚くくらい。ちょっと出来過ぎでした

そして、めでたしめでたし…、という予定だったのですが、残念ながらそれで終わりにはなりませんでした。

この事業所では、僕の指揮する部門以外に、もうひとつ同規模の部門があります。

この部門は年末年始頃までは調子が良かったのですが、今では日々赤字を垂れ流すようになり、僕の部門の出す黒字で相殺しても日々数十万の赤字を出すような異常事態に…。

いや、本当に洒落にならん、と思っていました。

そして、今日の夕方、事業所長に呼ばれて一言。


事業所長「○○くん、○○部門も見てくれないかな」

僕「あー、そう来ましたか、来ると思ってました。でも「も」って何ですか?」

事業所長「異動じゃないから。両方だからね」

僕「をいをい…」


そんな冗談のような遣り取りの後に、正式に明日から守備範囲を広げることに…。

簡単に2つの部門と言われても、実は片方だけで200名以上の従業員やパートの方を抱えています。

そこで働く方々にとっては、それぞれの生活が掛かった大変な問題です。

両方合わせて約500名分の責任がのしかかってくるのは、なかなかのプレッシャーです。

部下の課長達にも「どこまで首を突っ込むつもりですか?」なんて聞かれてしまいました。

でも、今は進むしかないですね…。


明日から心機一転、がんばりたいと思います。


スポンサーリンク





お客様の過払いによる、売掛金の入金時処理

今般売掛金を回収したのですが、仕訳について躓いています。

疑問は、回収した売掛金のうち、お客様の検収や単価の誤りで多く入金した時の処理です。

単価誤りやお客様の検収数が多い場合で過入金、売掛金を回収したとして処理してよいのでしょうか。

それとも、誤り分を前受金として処理しておいて、次月以降において売掛金回収として処理するのですか。

前受金の認識としては、役務の提供前(未発送の品代等)にお金を受取ると前受金で処理すると思っているのですが、このあたりで躓いております。

恐れ入りますが、認識のご教授お願いいたします。


スポンサーリンク





そのまま売掛がマイナスのままです。

翌月の仕訳の摘要に過入金分相殺などと、簡単に記載しておきます。

仮受金に計上するのは決算月だけです。

長崎.jpg

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金相談・支援(債務整理)へ
nice!(0) 
共通テーマ:マネー
過払い金を翌月売上から相殺 処理 ブログトップ

スポンサーリンク